まるで災害パニック映画!? 『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史』は読むと頭痛がしてくる一冊

まるで災害パニック映画!? 『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史』は読むと頭痛がしてくる一冊
       


なかなか完成しないことから、過去には「IT業界のサグラダファミリア」と揶揄された、みずほフィナンシャルグループ(FG)の勘定系システムの刷新・統合プロジェクト。この裏側を描いた『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」』(日経BP)が今月発売された。


ネット上では、発売前から「やばい本が出ようとしている」などと話題に。前評判の高さから予約購入が殺到し、Amazonのビジネス書売れ筋ランキングでは21日現在1位を獲得している。しかし、話題性に勝るとも劣らず、結論から言うと非常に面白い本だ。情報システムや銀行の仕組みに明るくない筆者からみても、相当な読み応えがあった。(文:篠原みつき)


起こるべくして起きたトラブルが人災によって広がっていく


なぜかといえば、本書では「組織」や「リーダーシップ」の問題を提示しているからだ。トップが方針を決めないことで現場が混乱・疲弊し、起こるべくして起きたトラブルの被害がまた、人災によってどんどん広がっていく構図をあぶり出している。誰にとっても他人事ではない問題を、企業情報システムの本質を熟知する立場で、淡々と書き起こし、論評を展開している。


本書の構成は3部に分けられている。第1部が、新システム「MINORI」の解説と今後の経営戦略について。第2部は、2011年3月の東日本大震災の直後に起きた大規模システム障害について。第3部は、2002年4月の経営統合直後に起きた大規模システム障害を振り返る。時系列とは逆に「現在」「2度目のシステム障害」「1度目のシステム障害」と遡り、正直に言って読みづらい構成だ。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。