日本で働く外国人の不満1位「昇進が遅い」 「無駄な会議が多い」「残業が多い」という声も

日本で働く外国人の不満1位「昇進が遅い」 「無駄な会議が多い」「残業が多い」という声も
拡大する(全2枚)


パーソル総合研究所は2月26日、「日本で働く外国人の意識」に関する調査結果を発表した。調査は昨年10~11月にネット上で実施し、日本で正社員やパート・アルバイトとして働く外国籍の就業者1000人から回答を得た。


職場に対する不満を聞いたところ、1位は「昇進・昇格が遅い」(28.6%)だった。以降は「給料が上がらない」(28.2%)、「給料が安い」(25.6%)、「明確なキャリアパスがない」(23.8%)、「無駄な会議が多い」(20.8%)、「残業が多い」(19%)と続いた。


日本人上司に対する不満「変化を嫌がる傾向」「意見を受け入れてくれない」


入社後のギャップについては「住宅や生活全般に関するサポート体制」(18.5%)が最多。次いで「昇進・昇格のスピード」(16.8%)、「言語に関するサポート体制」(12.8%)、「仕事で与えられる裁量の程度」(12%)、「働きやすさ」(11.6%)、「仕事のやりがい」(10.6%)と続いた。


仕事選びで最も重要視するのは、「収入」(27.8%)。次いで「ワークライフバランス」(23.8%)、「やりたい仕事かどうか」(17.8%)、「様々なスキルが身につくこと」(16%)、「やりがい」(15.4%)と続いた。


一方、日本人上司のマネジメントに対する不満を聞くと、1位は「変化を嫌がる傾向にある」(30.8%)だった。次いで「仕事の範囲が明確でない」「意見を受け入れてくれない」(各25.8%)、「公平に評価されない」(23.2%)、「成果を横取りする」(19%)という声もあった。


さらに、正社員として働く外国人のうち、3人に1人が「私は、孤立しているように思う」(32.6%)と回答。孤独感を低減させる効果が確認できた企業側の施策としては、歓迎会の開催、同僚とのコミュニケーション機会の付与、定期的な面談、母国語対応の指導者の配置などが挙げられた。

この記事の画像

「日本で働く外国人の不満1位「昇進が遅い」 「無駄な会議が多い」「残業が多い」という声も」の画像1 「日本で働く外国人の不満1位「昇進が遅い」 「無駄な会議が多い」「残業が多い」という声も」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「日本で働く外国人の不満1位「昇進が遅い」 「無駄な会議が多い」「残業が多い」という声も」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    同調圧力が強すぎるのが日本の欠点。みんなと違う意見は正しくても引っ込めなければならない。狂った社会だよ。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク