宅配ピザ業界、新型コロナ予防で「置き渡しサービス」広がる 配達時はドア越しに在宅を確認

宅配ピザ業界、新型コロナ予防で「置き渡しサービス」広がる 配達時はドア越しに在宅を確認
拡大する(全2枚)


日本ピザハットは3月12日から、配達員から直接手渡しされることなく、ピザを受け取れる「ピザ置き渡しサービス」をオプションで提供する。リリースでは



「以前から"デリバリースタッフと直接顔を合わせずに、デリバリーサービスを利用したい"というお客様からのご要望があり、さらに昨今の新型コロナウイルス感染拡大を考慮して、今回提供開始に至りました」


と同サービス提供の背景を語っている。


「対面でコミュニケーションを取りたくない」という人にもオススメ


スタッフは配達時にインターホンまたはドア越しに在宅を確認。確認が取れた場合のみ、ドアの近くに袋に入れたピザを"置き渡し"してくれる。同社は、想定されるニーズとして新型コロナウイルス対策以外にも、



・受け取る時に人目を気にしたくない
・対面でのコミュニケーションを取りたくない
・子どもだけの在宅時にも、家に他人を入れることなく受け取ることができる


などのシーンを挙げている。


同サービス利用には、公式サイトおよびアプリを通じたピザ注文が必要。クレジットカード決済などの現金払い以外を選択した場合のみが対象になる。


新型コロナウイルスの感染予防をめぐっては、ドミノ・ピザが3月6日から先んじて、配達員との対面を避ける「あんしん受取サービス」を始めている。

この記事の画像

「宅配ピザ業界、新型コロナ予防で「置き渡しサービス」広がる 配達時はドア越しに在宅を確認」の画像1 「宅配ピザ業界、新型コロナ予防で「置き渡しサービス」広がる 配達時はドア越しに在宅を確認」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク