ブラック企業の残念な体質「自分の発言を神の声として聴け」「気がついたら次の夜勤がきている」

ブラック企業の残念な体質「自分の発言を神の声として聴け」「気がついたら次の夜勤がきている」


ブラック企業の労働環境は過酷だ。中でも長時間労働は、低賃金、上司によるパワハラと並び3大ブラック要素の一つと言っていいだろう。キャリコネニュース読者からは



「夜勤明けに残業。気がついたら次の夜勤がきている」(40代女性、販売・サービス職)


といった声が寄せられている。(文:鹿賀大資)


「新卒でいまだに働けているのが、20年前に入った上司まで」


営業職の30代男性も、かつてブラック企業で過重労働を強いられた一人だった。男性は当時、酒・米の卸会社に勤めていた。月2日は休日を返上するも、無給のサービス出勤だった。また、深夜1時出勤の早出もあったという。



「配達と営業の兼務で昼食もとれず、1日の訪問件数は多いときで80件。配達する物量は2トン車満載を4回分ほど。その合間を縫って新規開拓の飛び込み、そして打ち合わせ。腕力と根性はとても鍛えられたが、年収は約250万円だった……」


長く続くことはなかった。男性は転職する際、エージェントに「昼食が食べられること。30キロ以上のものを持たないこと。年収300万円以上であること」と条件を伝えたところ、エージェントから「条件に合う会社が多過ぎて絞り込めない」と言われたそうだ。


営業職の40代女性は、劣悪な労働環境を明かす。気に入らない部下がいると、平気な顔で解雇に追い込む老害たちが牛耳る会社だ。しかも、老害は週に一度の朝礼で「自分の発言を神の声として聴け」と宗教団体じみた演説を始めるという。女性は、そんな会社の内情をこう語る。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「セクハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「セクハラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。