いきなり!ステーキ社長、「カンブリア」出演で"公開処刑された"と話題に すかいらーく創業者の「お客様目線」に称賛集まる

いきなり!ステーキ社長、「カンブリア」出演で"公開処刑された"と話題に すかいらーく創業者の「お客様目線」に称賛集まる
拡大する(全2枚)


いきなり!ステーキ創業者の一瀬邦夫社長(ペッパーフードサービス)が3月12日放送の「カンブリア宮殿」(テレビ東京)に出演した。番組内では、すかいらーく創業者の横川竟(きわむ)氏も出演し、2人の経営観の違いがネット上で話題となった。


スタジオでは、2013年の創業から5年間好調だった「いきなり!ステーキ」が、なぜ2019年に赤字に急転落したのかをテーマに話し合われた。19年に一瀬社長が店舗の前に手書きの張り紙をして原価率の良さなどをアピールした件について、意見を求められた横川氏は



「僕個人の趣味で言うと、僕は書きません。商売というのはこれを商品で表現することです」


とバッサリ。ネット上では「横川さんが正論」などと称賛が集まった。一方、一瀬社長を冷ややかに見る人が目立ち、挙句には「公開処刑」と表現する人まで出る始末だ。(文:okei)


「お客様本位」の横川氏、「自分本位」の一瀬社長と見えてしまう


一瀬社長自身は低迷の原因を「出店を急ぎ過ぎた」と分析。「何が何でも達成しようとしたことが大きな反省です。お客様がいない所にも出店してしまった」と語る。これに、横川氏は



「一瀬さんは企業側の"したい思い"がたくさんあったため、どこかが欠落した」


と指摘。おそらく"日本一にしたい"という思いが強すぎて店をたくさん作ってしまったが「そうすると人材や良い立地が無くなる」と、企業が数字だけを目標に店舗数を増やすことの危険性を説いた。


この記事の画像

「いきなり!ステーキ社長、「カンブリア」出演で"公開処刑された"と話題に すかいらーく創業者の「お客様目線」に称賛集まる」の画像1 「いきなり!ステーキ社長、「カンブリア」出演で"公開処刑された"と話題に すかいらーく創業者の「お客様目線」に称賛集まる」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。