厚労省、新型コロナ検査に"ドライブスルー方式"を実施しない理由「医師の診察を伴わないことが多いため」

厚労省、新型コロナ検査に"ドライブスルー方式"を実施しない理由「医師の診察を伴わないことが多いため」


厚生労働省は3月15日、日本で「ドライブスルー方式」のPCR検査を実施しない理由を説明した。PCR検査は、ウイルスの遺伝子を検出する検査のことで、世界的に流行している新型コロナウイルスの検査でも用いられている。


アメリカや韓国などでは、自家用車に乗ったまま検査を受けられる「ドライブスルー方式」を導入している。同方式では、検査時間が短縮でき、病院で待機中の感染リスクを軽減できるなどのメリットがある。


「診察を伴わない場合は、PCR検査の陽性的中率が低下します」


同省は公式ツイッターで、5つの投稿を連続ツイート。投稿では「ドライブスルー方式」を実施しない理由について



「新型コロナウイルス感染症にかかっているのではないかと心配される方が、PCR検査を受けるためには、医師の診察が重要です。『ドライブスルー方式』では、医師の診察を伴わないことが多いため、我が国では、実施しておりません」


と説明した。また、発熱した人が全員PCR検査を受けるのではなく、検査実施については「医師が診察で、患者の既往歴、年齢、症状、検査所見などを踏まえ、新型コロナウイルス感染症を疑うのか、他の疾患を疑うのかなどを総合的に判断する」としている。


さらに「インフルエンザ等で発熱を起こす他の疾患も多いので、医師の診察を伴わない場合は、PCR検査の陽性的中率が低下します」と警鐘を鳴らし、



「また、新型コロナウイルスに感染している方が、誤って『陰性』と判断されてしまうケースも一定程度発生し、感染を拡大させてしまう可能性があります」


と続けた。「ドライブスルー方式」をとらないことに対し、ネット上には賛否の声が挙がっている。中には「他の国では、何故やってるんですか?」「(実施しない理由が医師の診察が伴わないためであれば)医師の診察をつける方法を考えればいいのでは」といった声も寄せられていた。

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「厚労省、新型コロナ検査に"ドライブスルー方式"を実施しない理由「医師の診察を伴わないことが多いため」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    医師以外の者がPCR検査を行うと既得権益が奪われるので,圧力団体によって「医師以外にはさせない」と圧力がかかっているためだと思っていました

    1
  • 匿名さん 通報

    PCR検査の目的が厚生省と一般人では理解が異なるので議論にならない。できるだけ多くの感染者を見つけ出すために検査が必要ではないのか。無症状の感染者がいる限り、厚生省のやり方では事態の収束はあり得ない。

    1
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。