【マスコミ業界編】ホワイト度が高い企業1位NHK「出産・育児・介護などで退職した場合に復職できるキャリアリターン制度あり」
拡大する(全2枚)


企業口コミサイト「キャリコネ」は2月、「マスコミ業界のホワイト度が高い企業ランキング」を発表した。マスコミ業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「ホワイト度」評価の平均値が高い順にランキングにした。【参照元:キャリコネ】


調査対象は、『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載がある「出版」「印刷」「新聞・テレビ」「ペイテレビ」「ラジオ」を営む企業のうち対象期間中に「キャリコネ」に20件以上寄せられた企業。対象期間は、2016年4月~2018年3月。


1位は「NHK(日本放送協会)」で、ホワイト度評価は5点満点中3.44。2位以降、「リクルートホールディングス」・「朝日新聞社」(3.39)、「ベネッセコーポレーヨン」(3.27)、「J:COM(ジュピターテレコム)」(3.25)と続く。


NHK「年次有給休暇とは別の5日間連続休暇(クリエイティブ休暇)」


1位「NHK」の働く環境に関しては、



「出産・育児・介護などの理由で退職した場合には、あとで復職できる『キャリアリターン制度』が導入されました。過去にこうした理由で退職した方々にもお声がけがあるようですし、職場内にこの制度を利用しづらい雰囲気があるようには感じません。このほか、女性は私の知る限りほとんど全員が育児休暇を取得していますし、男性の後輩が取得したという例もあります」(その他の職種/20代前半男性/年収590万円/2010年度)


この記事の画像

「【マスコミ業界編】ホワイト度が高い企業1位NHK「出産・育児・介護などで退職した場合に復職できるキャリアリターン制度あり」」の画像1 「【マスコミ業界編】ホワイト度が高い企業1位NHK「出産・育児・介護などで退職した場合に復職できるキャリアリターン制度あり」」の画像2