転職を決断させるのは、給料より「労働時間への不満」 中年世代だけでなく就活生も「ワークライフバランス」を重視

転職を決断させるのは、給料より「労働時間への不満」 中年世代だけでなく就活生も「ワークライフバランス」を重視

毎日残業、帰りは終電――。ひと昔前まではそんな働き方も許容されていたが、今は違う。コンプライアンスとともに「ワークライフバランス」の意識が高まり、いかに短時間で成果をあげ、早く会社を出るかが重要視されるようになっている。


管理職もむやみに残業を指示することが憚られるようになり、「労働時間が長い」というだけで職場に見切りをつける人が出ている。ディップが転職をした93人に理由を聞いたところ、「労働時間・環境が不満だった」と答えた人が最も多かったという。


■1日14時間勤務で身体壊した30代「もっと早く決断すればよかった」



労働時間・環境を理由とした退職は、2位の「給与が不満だった」や3位の「人間関係が上手くいかなかった」を上回る。実際に転職した人たちからは、長時間労働による心身の疲労を訴える声があがっていた。


「経営が悪化し、サービス残業が月60時間以上あり、部署によっては逆に暇で、人間関係もギスギスしてきて耐えられなくなりました」(40代女性)
「1日14時間以上勤務で残業代なし。身体を壊したので辞めましたが、もっと早く決断すればよかったと思っています」(30代男性)


世代別に見ると、「労働時間・環境」を不満の1位にあげたのは30代と40代。若い頃は何とか耐え抜いたものの、この先も同じ調子で働かなければならないのかと考え、危機感を抱いたに違いない。


一方、20代の1位は「給与が不満」。これについてディップは、


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2016年1月23日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら