新型コロナ対策のテレワークでわかった「雑談」の力 効率化だけでは組織の生産性は上がらない

新型コロナ対策のテレワークでわかった「雑談」の力 効率化だけでは組織の生産性は上がらない
       


新型コロナウィルスの影響を受けて、テレワーク(リモートワーク、在宅勤務)が急速に広がっています。オンライン会議やチャットなどのツールを多用することで、オフィスでないとできないと思われていたことが意外とオンラインで十分できるとわかり、「コロナが落ち着いても、もうオフィスワークに戻れないよ」という声も聞こえてきます。


確かに、テレワークでもオフィスワークが可能なのであれば、毎日満員電車に乗らずにすみますし交通費も移動時間も節約できます。経営者も「こんなに効率が良いならテレワークを通常にして、オフィスワークは最小限にしてもいい」と考える人も増えてきました。(人材研究所代表・曽和利光)


■結果主義が生む「業務への過集中」


そんな称賛の声だらけのテレワークですが、ここではあえて、落とし穴がないかどうかを考えてみたいと思います。


まず、オンライン化することで効率化は進むのですが、その裏には「無駄と思われている」ものが捨てられています。しかし、どんなものでもそうですが、何が無駄で何が無駄でないのかを判断するのは容易ではありません。一見役に立たないと思われているものが、実は価値があることはよくあります。


私の周辺でテレワークについて最もよく聞く問題点は、意外にも「過集中」でした。以前テレワークが侃々諤々議論されていた際は、誰も見ていなければ人はさぼるに決まっているということが常に問題視されていました。


しかし、働いている姿が見えないテレワークでは、人は結果でしか評価されなくなるので、むしろ頑張る人が増えたようなのです。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。