香川のゲーム条例、働く主婦の6割が「反対」 賛成派からは「自分がゲーム中毒だから子どもにはそうなってほしくない」という声も

香川のゲーム条例、働く主婦の6割が「反対」 賛成派からは「自分がゲーム中毒だから子どもにはそうなってほしくない」という声も


ビースタイルは4月15日、「子どものネット・ゲーム規制条例」に関する調査結果を発表した。調査は3月にネット上で実施し、働く主婦664人から回答を得た。


香川県で4月に施行された子どものインターネット、ゲーム依存症を防ぐための条例について、合わせて6割弱が「詳しく知っている」(8.4%)、または「少しは知っている」(47.7%)と答えた。


■反対派の理由「ゲーム好きの子どもでも、難関大学へも合格できた」


同条例の賛否を聞くと、賛成(41.4%)が反対(17.5%)を大きく上回った。また、残りの41.1%は「どちらとも言えない」としている。回答者を年代別にみると、子育て世代にあたる30代以下の反対(30.4%)が3割超だったのに対し、他の世代(40代18.3%、50代以上10.1%)では1~2割にとどまった。


賛成した人に理由を聞くと、



法律ででも規制してもらわないと、家庭の中だけでは規制できなくなっているくらい、子ども達にとってゲームの存在が大きい」(50代、パート/アルバイト)
「自分自身がネット・ゲーム中毒気味なので、子供にはそうなって欲しくない」(60代、パート/アルバイト)


といった声が寄せられた。一方、反対派からは



「ネットゲームSNSは昔と違って今は子供たちの生活の一部になっているので、規制するよりもどうやって付き合うかを親や学校が徹底的に教えるべきだと思う」(40代、今は働いていない)
「我が家の子供はゲームが好きで、そこから動画投稿や編集といった専門的な技術を身に付けました。それと同時に難関大学へも合格し、ゲームと学業の両立ができた」(40代、フリーランス)


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「香川のゲーム条例、働く主婦の6割が「反対」 賛成派からは「自分がゲーム中毒だから子どもにはそうなってほしくない」という声も」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    賛成派の法律と条令の区別がつかない残念さや、自分が中毒なのに子供には我慢させる残念さに比べて、反対派の人生充実っぷりの格差がひどいね。条例で規制しても賛成派の子が言うこと聞くと思えないね。

    0
この記事にコメントする

「香川県 + イベント」のおすすめ記事

「香川県 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

「香川県 + 観光」のおすすめ記事

「香川県 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「長崎県」のニュース

次に読みたい関連記事「長崎県」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月15日の社会記事

キーワード一覧

  1. 香川県 イベント
  2. 香川県 観光

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。