IT業界転職希望者が急増 志望理由「テレワークに適応している」

記事まとめ

  • 学情はテレワークに関する調査結果を発表。
  • 転職で魅力を感じる業界1位は「IT・通信・インターネット」に。
  • 志望理由はテレワークに「適応」「環境整備が進んでいる」から。

新型コロナでIT業界転職希望者が急増「テレワークに適応している業界だから」「環境整備が進んでいるイメージ」

新型コロナでIT業界転職希望者が急増「テレワークに適応している業界だから」「環境整備が進んでいるイメージ」
       


学情は4月16日、テレワークに関する調査結果を発表した。調査は4月8~12日上にネット上で実施し、同社運営の20代専門転職サイト「Re就活」利用者527人から回答を得た。


緊急事態宣言後に「テレワークを実施している」(22.0%)という人は、およそ5人に1人だった。また、実施していない人(78.0%)うち「ぜひ実施したい」という回答は70.0%にのぼる。


魅力感じる職種2位「ITエンジニア」 理由は「手に職つけたい」


一方で「テレワークができない」とした回答者からは「対面で行う仕事なので出社が必須」「テレワークできる仕事(業界)ではない」などの声が目立った。


転職する際に魅力を感じる業界を聞くと、1位は「IT・通信・インターネット」(37.8%)だった。以降は「メーカー」「商社」「サービス」などと続く。


一方、1月時点の調査では「IT・通信・インターネット」(10.1%)と答えた人が27ポイントほど低く、順位も「商社」「メーカー」「サービス」に次ぐ4位だった。回答率にして、3.7倍に飛躍している。回答者にIT業界を志望する理由を聞くと、



「テレワークに適応している業界だから」
「テレワークの環境整備が進んでいるイメージがあるから」


とテレワークを意識した回答が多く寄せられた。中には「自分自身のスキルを磨きたい」「今後も需要のある業界で成長していきたい」という声もあった。経済活動の鈍化が懸念される現在、自身の市場価値を高めることを目的に転職活動を行いたい人が増えているようだ。


転職の際に魅力を感じる職種を聞いたところ、最多は「企画・事務・管理系」だった。同回答は2位の「ITエンジニア」とともに、1月時点から回答者が増加。一方で「営業系」「販売・サービス系」「専門サービス系」などでは回答者が著しく減っていた。「ITエンジニア」と答えた人からは



「手に職をつけたいから」
「スキルがあれば多様な働き方に対応できそうだから」


といった声が寄せられている。テレワークに対応しやすいオフィスワークに加え、専門性を身に付けてスキルアップが望めるITエンジニアを希望する求職者が増えていた。

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。