就活面接で"将来どうなりたいか"を聞かれたら何と答えたらいい? 「自分はどうなっていれば幸せを感じるのか」を考えよう

就活面接で"将来どうなりたいか"を聞かれたら何と答えたらいい? 「自分はどうなっていれば幸せを感じるのか」を考えよう
拡大する(全3枚)


「将来どうなっていたいですか?」「10年後の自分は何をやっていたいですか?」──面接で聞かれた時、どのように回答すればいいか悩んでいる学生は多いのではないでしょうか。


自分自身がやりたい仕事や、将来のビジョンもまだよくわからない。そんな人に向けて、就活サービス運営会社の採用担当を3年間経験してきた私から「将来像を考える際のポイント」をお伝えします。


どのように"未来"を考えれば、自信を持って語ることができるのか。納得できる就活のお手伝いが出来たら嬉しいです。(文:スカウト型就活サービス『キミスカ』広報・学生担当 末松怜央)


■企業が面接で「将来の自分」を聞くのは、企業と学生のマッチ度をはかるため


面接には、今までやってきたことを聞く"過去"についての質問と、将来について聞く"未来"についての質問があります。後者は、会社でのキャリアプランや、自身の実現したいこと、自分の人生についてなどですが、なぜ企業はあなたの将来について聞きたいのでしょうか。


就職白書2018掲載の"企業側が面接で最も重視する項目"の1つに「今後の可能性」、ポテンシャルがあります。企業側は、自社のビジョン、提供できるスキル、今後の方向性などが学生とマッチしているかで判断します。


つまり、企業が提供する環境の中で、学生が最大限に活躍できるかどうかを見極めています。たとえば高校進学時、サッカーのプロになるという目標を持って高校選びをする際に、次の2校だとどちらを選びますか?


この記事の画像

「就活面接で"将来どうなりたいか"を聞かれたら何と答えたらいい? 「自分はどうなっていれば幸せを感じるのか」を考えよう」の画像1 「就活面接で"将来どうなりたいか"を聞かれたら何と答えたらいい? 「自分はどうなっていれば幸せを感じるのか」を考えよう」の画像2 「就活面接で"将来どうなりたいか"を聞かれたら何と答えたらいい? 「自分はどうなっていれば幸せを感じるのか」を考えよう」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク