新型コロナ不況を恐れる就活生へ 悪条件下の就活にもチャンスはある

新型コロナ不況を恐れる就活生へ 悪条件下の就活にもチャンスはある


新型コロナ対応が進行中の段階で未来予測をするのは大変気が引けますが、新卒採用がこのあと一体どうなっていくのかについて考えてみたいと思います。企業の新卒採用は2年がかりで行うものなので、本来であれば6月くらいから夏のインターンシップの募集が始まって2022年卒の採用がスタートします。


しかし実態としては、企業側は21卒採用で混乱しており、今のところ22卒のことはまだ考えられていないところがほとんどです。ただひとつ言えるのは、様々な調査をみると多くの企業が21卒は「予定通り行う」としており、投資した分はきちんと回収する予定ということです。(人材研究所代表・曽和利光)


21卒はやり切る分、しわ寄せが22卒に?


このことは21卒の学生には朗報ですが、22卒の学生には嫌な情報かもしれません。景気の悪化がほぼ確定している中で、「今年は採る」なら「来年は抑える」ことになるはずだからです。


本当は今年を抑えてもよいのですが、投資がもったいないので最後までやり切る。その代わり来年は最初から投資しない。この可能性がかなり高いのではないかと思います。似たような状況であったリーマンショック時にはどうだったか見てみましょう。


リクルートワークス研究所のデータによれば、リーマンショック直後の2009年の求人倍率は2.14倍と前年と変わらなかったのですが(まさに「今年は採る」)、翌年から1.62倍→1.28倍→1.23倍まで減少しています。単純計算では売り手市場の2009年を100%とした求人数が、翌年には約75%に減り、その翌年・翌々年は約60%になったということです。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。