Withコロナ時代の就活生 2022年卒は“主体的な学生”と“そうでない学生”で大きな差が広がる

Withコロナ時代の就活生 2022年卒は“主体的な学生”と“そうでない学生”で大きな差が広がる


新型コロナウィルスによる緊急事態宣言も解除され、いよいよ2022年卒向け新卒就職活動のスタートも加速しています。2022年卒は、主に現在の大学3年生、大学院1年生にあたります。


2022年卒の就活生の相談も増えて来て、今年ならではの特徴があることに気づきました。非常に「主体性がある学生」が多いのです。


就活や、自己分析、企業に関する質問から私個人に関する質問まで、すでにある一定以上調べていることが多いんです。その結果、返答がかなり深いレベルの話になるケースになっています。(文:キャリアコンサルタント 坂元俊介)


2022年卒は新型コロナによる危機感で動く人も


相談を受けた学生に共通していたのは、



・自分のキャリア(就活)を自分事として捉える
・様々な情報収集を早期から開始(早い人であれば去年ぐらい)
・自己分析をある一定行っている
・すでに選考を受けている


という点です。この「主体的に考え行動をしている学生」は、実感値ですが去年の数倍はいるように感じます。5月末時点で2022年卒の学生30人強と面談しましたが、Withコロナ時代でも、きっと自らが望むキャリアを勝ち取るだろうな、と思える人ばかりです。


去年の学生と何が違うのかを知りたくなり、私から質問をしてわかってきたことがあります。


1.コロナにより就活の危機感が増した


昨年、経団連の就活ルール撤廃というニュースがあり、就活を早期に始めた方が良いという危機感が醸成されていました。さらに今年は新型コロナウィルスの影響で内定取り消しや選考取り消しなどのニュースが流れています。その結果、主体的に情報収集と行動を起こす学生が増えたようです。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。