"備品は消費者金融で借金して立替購入" 就職氷河期世代が経験したパワハラエピソード

"備品は消費者金融で借金して立替購入" 就職氷河期世代が経験したパワハラエピソード


映画配給、映画館運営のアップリンクの元従業員は6月中旬、同社代表から日常的にパワーハラスメントを受けていたとして損害賠償を求めて提訴した。「暴力的な発言や待遇があった」「パワハラによって心身が傷ついた」などと報じられているが、何も映画業界に限らず、多くの企業で似たような実態があるのではないだろうか。


今回は、かつて筆者が中小企業で勤務していた時に受けていたパワハラを暴露してみたい。(文:ふじいりょう)


「コミック誌を今日中に300冊買ってこい」などと無理難題を押し付けられ


筆者は2008年にインテリアサイトの運営会社に正社員で入社した。その職場では、社長や古参社員の力が強かった。例え利益を上げたとしても、気に入らない点があれば執拗に失点を責められた。


また、折に触れて"整理人員"とされて解雇を匂わすような発言を社長や役員がすることもあった。解雇には客観的合理性や社会的相当性が必要とされるが、思い当たることはなく、脅し文句のつもりだったと今なら分かる。しかも、業務過多にも関わらず残業代も出なかった。結局、筆者は心身を壊して休職し、そのまま退職することになった。


その後、派遣社員としてイベント運営会社で働いた時には、正社員の一人に目を付けられた。残業や休日出勤させられたことがあったのはまだしも、イベントで使うための物品を揃えるために、まずは自分の財布から買う必要があり、そのために常に金欠に陥った。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。