「年収300万円時代」から「年収200万円でも楽しく」に 森永卓郎の新著が伝える日本経済の終焉

「年収300万円時代」から「年収200万円でも楽しく」に 森永卓郎の新著が伝える日本経済の終焉
拡大する(全2枚)


経済アナリスト、森永卓郎氏の『年収200万円でもたのしく暮らせます コロナ恐慌を生き抜く経済学』(7月8日発売/PHP研究所)が、先日ネット上で話題となった。森永氏は17年前の2003年、『年収300万円時代を生き抜く経済学』(光文社)を刊行しており、あるツイッターユーザーがこの文庫版と新刊を並べて「15年で100万円も下がっちゃった」とツイートし反響を呼んだ。


ツイッター上ではタイトルだけで「貧しくなった日本」を改めて突きつけられて落胆する人が多かった。森永氏が提案する"年収200万円でもたのしく暮らせる"生活とは、一体どんなものなのか。確かめるべく本書を手に取った。(文:篠原みつき)


日本は「発展途上国並みになる」と予測


森永氏は、コロナ禍による経済への影響が本格化する前に、投資用の株をすべて売却し大損害を免れたという。コロナショックを予期していたわけではなく、日本経済の先行きの暗さを見越しての決断だった。「仮にコロナが収束しても世界的な大恐慌に発展する可能性が高い」と予測し、その理由として、



・これまで30年間続いてきたグローバル資本主義が崩れ始めている
・新型コロナウイルスの感染拡大に対する日本政府の対策がお粗末
・大都市(東京)一極集中による弊害
・「首都直下型地震」が1年以内に起きる可能性大


といった問題をあげている。


17年前、サラリーマンの平均年収は300~400万円にまで落ち込むと予測した森永氏だが、今は当時(2003年)より深刻だと解説した。


この記事の画像

「「年収300万円時代」から「年収200万円でも楽しく」に 森永卓郎の新著が伝える日本経済の終焉」の画像1 「「年収300万円時代」から「年収200万円でも楽しく」に 森永卓郎の新著が伝える日本経済の終焉」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク