今年の夏は田舎出身者ほど帰省しないに限る! 監視社会の地方でクラスターなんて発生したら……

今年の夏は田舎出身者ほど帰省しないに限る! 監視社会の地方でクラスターなんて発生したら……
拡大する(全2枚)


新型コロナウイルス感染症対策で、日々マスクをしながら外に出ているけど、まぁーしんどい。湿気と日差しはただでさえ具合を悪くしやすいのに、マスクで呼吸までしにくくなっているわけだから。


でもウイルスはどこにあるかも分からないし、仮に自分がもしも陽性だったときにマスク1枚で周囲への余計な感染を防げるんなら、安いものである。ところでもう8月だ。今年はゴールデンウィークもコロナのせいで外出を控える人は多かったはず。


8月と言えばお盆休みが控えているが、当然まだまだ収束していない状況では、お盆休みも積極的な外出は控えるべきなんだろう。帰省だってしないほうが良いかもしれない。それこそ、都市部在住の方の場合は特に。


今回は地方出身者で人口密集地にお住まいの方々のお盆休みの過ごし方について、引きこもりの僕なりの提案をしてみたい。アウトドア派の君もあなたも、ちょっとだけ目を通してもらいたい。(文:松本ミゾレ)


屋外の感染リスクは低くても、家にこもって安全なお盆休みを


簡単に言えばお盆の過ごし方についての話なんだけど、結局のところウイルスが目に見えない以上、外出はそれなりのリスクがあるってことを、もうみんな十分理解していることだろう。


外に娯楽を求めるタイプの人にとって、本当にここ数か月は地獄のような日々だったはず。そこは本当に同情する。と同時に、僕はインドア派で本当に良かったと安堵している。


でも、そんな僕ですら無性に「人の多い飲食店に行きたい!」とか「海で遊びたい!」みたいなことを考える場合もあるのだから、みんな本当に退屈な毎日を歩んでいるに違いない。


この記事の画像

「今年の夏は田舎出身者ほど帰省しないに限る! 監視社会の地方でクラスターなんて発生したら……」の画像1 「今年の夏は田舎出身者ほど帰省しないに限る! 監視社会の地方でクラスターなんて発生したら……」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク