ニンテンドースイッチが店頭に復活! 定価で購入可能に

記事まとめ

  • 「ニンテンドースイッチ」が店頭に戻り始めている。
  • 一時、高額転売や、抽選倍率100倍以上となっていた。
  • 一部モデルでは抽選販売を継続しているが、供給状況は回復。

ニンテンドースイッチが店頭に復活!定価で購入可能に 高額転売、抽選争奪戦に幕

ニンテンドースイッチが店頭に復活!定価で購入可能に 高額転売、抽選争奪戦に幕
       


任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が家電量販店などの店頭に戻り始めている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生産遅延および需要増で、2月ごろから品薄が続いていたニンテンドースイッチ本体(ライトを含む)の供給状況が回復したとみられる。


ツイッターでは9月以降、「店頭でスイッチが普通に買えた。抽選販売なんていらなかった」といった報告が多数寄せられている。キャリコネニュース編集部が10月25日、ヨドバシカメラ秋葉原店を訪れたところ、確かに本体が売っている。特に客が群がる様子もなく、あっけなく購入できてしまった。


26日に同じくヨドバシカメラのさいたま新都心駅前店も確認したが、いずれのカラーも販売中だった。


かつては抽選倍率100倍となっていたが……


任天堂は2月、新型コロナウイルスの影響で一部部品の調達に支障があるとして、生産および出荷の遅延を発表。その後、6月には「生産状況はほぼ回復」(同社広報)と回答していたものの、外出自粛や人気ソフト発売などに伴う需要増から品薄が続いていた。


同社の広報担当者に出荷、流通状況を問い合わせると「出荷状況等に関しては特にお伝えしていません」として明言を避けた。


メルカリでは一時、ニンテンドースイッチ本体の定価2万9980円(税別)を2倍近く上回る6万円前後の高額転売が横行。公式通販サイト「マイニンテンドーストア」や各家電販店などでは抽選販売を実施し、6月には倍率が100倍以上にのぼることもあった。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。