今年のハロウィン、繁華街などに行った人は2% 「ハロウィンを楽しむ雰囲気ではない」という人も

今年のハロウィン、繁華街などに行った人は2% 「ハロウィンを楽しむ雰囲気ではない」という人も
       


コロナ禍のハロウィンは例年と比べ、何が変わったのか。LINEは11月17日、ハロウィンについての調査結果を発表した。調査は同社の「LINEリサーチ」にて11月上旬に、全国13歳~49歳の男女を対象に実施し5249人から回答を得た。


今年ハロウィンに関連して何かをした人は37%。昨年の43%から7ポイント減少した。


■不参加の理由には「密になるのを避けたい」


性年代別の参加率では「女性10代」(51%)が最多だったが、昨年から10ポイント減少していた。以降、「女性30代」(49%)、「女性20代」(43%)、「女性40代」(40%)の順に多かった。なお、男性の最多は30代で34%だった。


不参加の理由を聞くと、昨年に引き続き「興味がない」(35%)が最多で、「自分には関係ない」「めんどう」が続いた。新型コロナに関連したものでいえば4位に「密になるのを避けたい」(15%)、8位に「ハロウィンを楽しむような雰囲気ではない」(11%)がランクインした。


今年ハロウィンに参加者の参加方法は、最多は「ハロウィン仕様の食べ物を買った」で約4割だった。2位以降は、「かぼちゃやステッカー、ガーランド 、オブジェなどで飾りつけをした」(19%)、「ハロウィンに関連する写真や発言をSNSでアップした」(17%)と続いた。


また「ハロウィンを楽しむような雰囲気ではないから」という人も11%いた。昨年と比べて減少が顕著だったのは「仮装用や、ハロウィンに関連する服やグッズを買った」(11%)で、半減した。


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。