2022年卒、コロナ禍の就活事情は?インターン参加率は7割、地方ではオンライン選考に前向きな人が4割

2022年卒、コロナ禍の就活事情は?インターン参加率は7割、地方ではオンライン選考に前向きな人が4割


ポートは11月17日、2022年卒業の大学生における就活意識調査の結果を発表した。調査は9月末~10月中旬に実施し、2022年に大学を卒業予定のキャリアパーク会員303人から回答を得た。


これまでにインターンシップに参加した学生は71.9%だった。なお、「都市部」(73.9%)と「地方」(64.6%)では約10ポイントの差がついていた。


■訪問しやすさもあってか都市部では「OB・OG訪問」が地方より多い


一方で、就職セミナーにおいては、地方の81.5%が参加しており、都市部の75.6%を上回った。


エージェントサービスへ登録をしている人は全体で49.8%。都市部と地方でも大差なかった。


いま行っている就活対策を聞くと、最多は「就活情報の収集」(82.5%)だった。2位以降は「自己分析」(76.6%)、「業界・企業研究」(65.3%)、「就活サイトなどへの登録」(61.7%)、「自己PRなどの材料作り」(48.8%)と続いた。「特に何もしていない」は5.9%だった。


地方部が都市部を上回っている対策は、「筆記試験対策」「就活情報の収集」「面接の練習」だった。一方、都市部では「OB・OG訪問」が地方より多く、都市部だからこそ訪問しやすい点が現れていた。


調査元はリリースで、「都市部はインターンの参加機会が多いことや積極的に参加する就活生が多い一方、地方部は就活情報やノウハウの習得に熱心に取り組んでいることが考えられます」とコメントしている。


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。