テレワークから通常出社に逆戻りした人「旧来のデスクワークに固執する昭和な管理者ばかり」

テレワークから通常出社に逆戻りした人「旧来のデスクワークに固執する昭和な管理者ばかり」


テレワークに満足する人たちが通常出社に戻されると、勝手の知れた職場でも、妙な違和感を覚えることもあるようだ。静岡県の男性キャリコネニュース読者からは「常に不満を大声で言い続ける職場の同僚が、改めて煩わしいと感じている」(メーカー系)といった声が寄せられている。同じく静岡県の40代男性(メーカー系)は、出社後に会社経営陣の考え方に納得がいかず、



「上層部は出社について、本当に必要なのか考えたことあるのかな」


と疑問の声を上げた。IT・通信系勤務の都内の20代女性もその一人だ。(文:鹿賀大資)


■「サラリーマンは同じ時間・同じ場所で労働するもの」


女性は出社に対して肯定的だ。テレワークにはない、職場でのコミュニケーションにメリットを感じている。ところが「出社前提」で話を進める役員や管理職の姿勢には「疑問を抱いた」とコメントしている。


都内の40代男性(IT・通信系)も、前述の女性と同じ類の内容を語る。男性は自身の職場の体質について「『サラリーマンは同じ時間・同じ場所で労働するもの』という昭和な発想の管理者ばかり」と明かす。その上で、



「彼らはテレワークに否定的です。残念ながら、テレワークの仕組みをどのように仕事に生かせば効率的か、という考えはありません。単にできない理由を列挙しては、旧来のデスクワークに固執しようとしています」


同じく都内の20代男性(メーカー系)も「上層部は『出社する方が楽だ』という考え方」という。男性はテレワークの継続を希望しているため、上層部とは隔たりが生じている。「どうすれば、よりテレワークができるようになるのかをまったく考えない」と不満は拭えない。


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。