政府が後押しする自治体による「AI婚活」の効果は? 埼玉ではすでに数十組がAIの紹介で成婚
拡大する(全3枚)


夫との出会いはAI(人工知能)の紹介で――。これは未来の話ではなく、いま現実に起きている出来事だ。


政府は来年度から、少子化対策の一環としてAIを活用した自治体の婚活システムを支援する。予算の概算要求には20億円を計上。AIシステムを導入・運用を含めた各地方自治体の少子化対策事業に対し、必要経費の3分の2を補助するとしている。


ネット上では「こんなのでマッチングさせても本人が気に入らなければ意味ない」「ディストピア感」といった反発の声も出ているが、実際にAI婚活で幸せはつかめるのだろうか。


2019年度は38組が成婚 うち21組は「AIが結婚相手を提案」


政府が後押しする自治体による「AI婚活」の効果は? 埼玉ではすでに数十組がAIの紹介で成婚


2018年にAIを活用した婚活サポート「恋たま」を始めた埼玉県では、これまでに4500人が登録。好評を得ており、69組が成婚に至っているという。キャリコネニュース編集部は、県少子政策課の担当者に婚活におけるAI導入のメリットを聞いた。


「恋たま」では2019年度、38組の結婚が成立。このうち21組はAIが提案した相手との結婚を選んだ。20年度に関してもすでに28組の成婚が決まっており、うち11組はAIの提案した相手と結ばれたという。


恋たまの入会条件は、県内に在住、在勤、または移住を考えている独身男女であること。利用登録には2年間で1万6000円かかり、3年目以上は更新の有無を選ぶことになる。


県の担当者は「男女比は6対4くらい。利用者は20代から幅広くいるものの、多いのは男女ともに30代」と話す。


この記事の画像

「政府が後押しする自治体による「AI婚活」の効果は? 埼玉ではすでに数十組がAIの紹介で成婚」の画像1 「政府が後押しする自治体による「AI婚活」の効果は? 埼玉ではすでに数十組がAIの紹介で成婚」の画像2 「政府が後押しする自治体による「AI婚活」の効果は? 埼玉ではすでに数十組がAIの紹介で成婚」の画像3