世帯年収300万円の20代男性「妻子がいる中で何とかやりくり。マイホームなんて夢のまた夢」

世帯年収300万円の20代男性「妻子がいる中で何とかやりくり。マイホームなんて夢のまた夢」
拡大する(全2枚)


年収300万円台の20代世帯は、現在の生活をどう感じているのだろうか。「義実家のそばの会社の社宅に住んでいる」と語るのは、兵庫県の20代後半男性。キャリコネニュースに、



「正社員勤務の世帯年収300万円。妻と2人の子どもがいる。何かあれば義実家に助けてもらえるため、なんとかやりくりできている状況。マイホームなんて夢の夢だし、いつまでも義実家を頼るわけにもいかない」


という声を寄せている。ほかの投稿も見ていこう。(文:鹿賀大資)


■「ほとんど外食はしませんが、その代わりに国内旅行を年に数回」


世帯年収300万円の20代後半女性は「三重の田舎で普通に暮らしています」という。夫を婿養子として迎え入れ、実家で親と同居している。自身はメーカーに勤務しており、子どもはいない。「不満なことはないです」と生活状況について綴る。



「実家に毎月の光熱費や食費を入れています。ガス代は4000円以内、水道代も5000円以内、電気代は少し高いですが2万円以内。食費は3万円以内です。日用品はペット関連費も含めて5万円以内に収まるよう、やりくりしています。ほとんど外食はしませんが、その代わりに国内旅行を年に数回。貯蓄は毎月できています」


女性は「子どもができたら支出も増えると思いますが、今のところ不安はありません」とコメントしている。


■「4人目を産みたいが、経済的負担を考えてしまう」


新潟県の20代後半女性は「旦那と子ども1人の核家族。世帯年収350万円です」という。夫婦共働きのため1歳の子どもを保育園に預けており、「子どもの発熱などで仕事を休むと本当につらい。頼れる親などいないので」ともらす。


この記事の画像

「世帯年収300万円の20代男性「妻子がいる中で何とかやりくり。マイホームなんて夢のまた夢」」の画像1 「世帯年収300万円の20代男性「妻子がいる中で何とかやりくり。マイホームなんて夢のまた夢」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク