ケチすぎる!ブラック企業の実態「蛍光灯を半分にされ書類を見るのにも苦労。さらに来客時以外はエアコン禁止」

ケチすぎる!ブラック企業の実態「蛍光灯を半分にされ書類を見るのにも苦労。さらに来客時以外はエアコン禁止」


長時間労働やハラスメント。過酷な労働環境で心身を病み、退職を余儀なくされる人は多い。そうしたブラック企業をなくすために、政府は労働基準法を整備するなど抑制措置が取られている。しかし現在でもブラック企業での被害はあとを絶たない。


某新聞社に勤務する30代の男性は、「最初は良かったのですが、異動先で地獄をみました」とコメントを寄せた。関連会社からの天下りの支社長と、営業課長が好き放題にしていたことにより、男性の職場は大荒れになってしまった。(文:中島雄太)


■「蛍光灯を半分に減らされ、書類を見るのに苦労しました」


前出の男性は就職後、しばらく本社で勤務をしていたが、数年後に地方に転勤。そこで地獄の日々を迎えることになる。



「関連会社から来た支社長と、その腰巾着のような営業課長がとてもひどい状態でした。支社長は『経費削減による収支改善』を方針に掲げていたので、節約が強行されました」


その内容は、経費を削減することにだけ着目していたため、とてもひどい内容だった。



「蛍光灯を半分にされてしまったので、社内は薄暗くなり、書類を見るのに苦労するようになりました。さらに来客時以外、エアコンは使用禁止。夏場は暑いし、冬場はすごく寒いので、劣悪な環境でした」


支社長の経費削減策はそれだけにとどまらない。



「職場は9時が始業。社員は早めに来てパソコンを立ちあげていましたが、8時55分になるまで電源を入れることが禁止になりました。それだけなら良いのですが、1分でも早く電源を入れると、営業課長によって強制的にシャットダウンされてしまいます」


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ブラック企業」に関する記事

「ブラック企業」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ブラック企業」の記事

次に読みたい「ブラック企業」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。