メビウス製薬の社員があえてリモートワークせずオフィスに出勤する理由 「正しく恐れて、正しく対処すべき」

メビウス製薬の社員があえてリモートワークせずオフィスに出勤する理由 「正しく恐れて、正しく対処すべき」
拡大する(全4枚)


「SIMIUS」(シミウス)ブランドの化粧品事業を展開するメビウス製薬。オリジナルの自社化粧品を開発し、通信販売で顧客に届けている。


本社は東京・赤坂。コロナ対応について尋ねたところ、「当社は通常勤務を続けています」と回答があった。どのような考えに基づいた決断だったのか。同社人事部副部長の丸山有子さんに聞いた。(キャリコネニュース編集部)


■「抗体検査」と「PCR検査」を会社負担で実施


メビウス製薬は最初の緊急事態宣言が発令された昨年4月、在宅でのリモートワークの採用を検討したという。しかし最終的には、感染拡大防止策を徹底したうえで、通常通りの出勤スタイルを続けることに決めた。


これは緊急事態宣言が再発令された現在も変わらない。丸山さんは、背景には経営者の考え方と判断があると説明する。



「当社社長の小野(浩之氏)は新型コロナウイルスについて、"正しく恐れて、正しく対処すべきだ"とよく言っています。重要なのは自己防衛であり、いわゆる三密を避けつつ、うがいや手洗い、消毒や検温をするという、すでに世の中に広まっている正しい対応方法を採れば、必要以上に恐れるべきではないと。もちろん、全従業員が日々気を緩めず、やるべきことを確実にしていくことが前提となります」


会社は安全配慮・健康管理の観点から、従業員をサポートをする体制を整えている。オフィスへの消毒液の設置や体温計の1人1台配付のほか、昨年秋以降はオフィスの出入口にAIのサーマルカメラを社員用と来客用に設置し、体調不良の人がその場で分かるようにしている。


この記事の画像

「メビウス製薬の社員があえてリモートワークせずオフィスに出勤する理由 「正しく恐れて、正しく対処すべき」」の画像1 「メビウス製薬の社員があえてリモートワークせずオフィスに出勤する理由 「正しく恐れて、正しく対処すべき」」の画像2 「メビウス製薬の社員があえてリモートワークせずオフィスに出勤する理由 「正しく恐れて、正しく対処すべき」」の画像3 「メビウス製薬の社員があえてリモートワークせずオフィスに出勤する理由 「正しく恐れて、正しく対処すべき」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク