40代男性が語る、夢の年収1000万円生活のリアル「レクサスを買う余裕は全くない。20歳の頃の憧れは理想に過ぎなかった」

40代男性が語る、夢の年収1000万円生活のリアル「レクサスを買う余裕は全くない。20歳の頃の憧れは理想に過ぎなかった」
拡大する(全2枚)


年収1000万円を目指して仕事に励み、見事達成したものの「思い描いていた生活と違う」と感じてしまう人がいる。世帯年収1000~1200万円のキャリコネニュース読者からは、



「『余裕がない』と言えば嘘になるが、自分の予想していた生活ではない。自由に使えるお金がほんのちょっと増えただけで、欲しいものが買える感じでもない」(40代男性/大阪府/教育・保育職)


という声が寄せられている。北海道の40代男性も「自分も20歳の頃は年収1000万円の生活に憧れていたけど、それは理想に過ぎない」と現実を語る1人だ。(文:鹿賀大資)


「月収65万円、手取りは45万円前後。年2回のボーナスの総額が400万円」


金融・保険系の会社に勤務する男性は、妻と子ども1人の3人家族で世帯年収1200万円。妻は専業主婦をしており、子どもは公立の小学校に通っている。以前は都内に5000万円台の持ち家を構えていたが、転勤の都合で北海道に移住した。



「今は3LDKの賃貸暮らし。会社借り上げのため、自己負担は駐車場代を含めて月4万円ぐらい。車は北海道に来てから購入した輸入車と、乗り続けて10年の300万円の新古車。レクサスを買う余裕はまったくない」


給与の内訳については「月収65万円、手取りは45万円前後。年2回のボーナスの総額が400万円」と明かす。そのほか年間300万円ほどの賃貸収入もあるが、住宅ローンと相殺しているため「収入に加味していない」という。さらに男性は、生活や家計状況などについても説明する。


この記事の画像

「40代男性が語る、夢の年収1000万円生活のリアル「レクサスを買う余裕は全くない。20歳の頃の憧れは理想に過ぎなかった」」の画像1 「40代男性が語る、夢の年収1000万円生活のリアル「レクサスを買う余裕は全くない。20歳の頃の憧れは理想に過ぎなかった」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク