建築事務所を4日で退職した女性「"分煙と社会保障完備"というハロワの求人票は嘘でした」

建築事務所を4日で退職した女性「"分煙と社会保障完備"というハロワの求人票は嘘でした」
拡大する(全2枚)


就職や転職を考える際、希望の企業について調べていたつもりでも、実際に入社してみるとまったく違うこともある。入社前に抱いていた理想とのあまりのギャップに、数日で退職してしまうケースも多いようだ。


今回は、仕事をすぐに辞めてしまったキャリコネニュース読者の体験談を紹介する。(文:コティマム)


【早すぎ!? 仕事を即行で辞めたエピソード】最新記事はこちらから


■「タイムカードがなく、残業や休憩は適当。出勤簿や賃金台帳も存在しなかった」


都内の20代男性は、物流業の総合職を2週間で退職した過去がある。労働条件や会長のワンマンぶりに嫌気がさしたからだ。



「上司や先輩がほぼ毎日2~3時間残業していた。そして会長のワンマン気質が強かったため。向こうから電話をかけてきたのに名前を言わず、名前を聞くと怒る、といったことがあった」


男性は現在、サービス業の正社員として働いている。前職をすぐに辞めたことについては「満足」しているという。



「今の職場に入社してから某転職サイトを見た際、前職場に対する悪口がたくさん書かれていた」


都内の40代女性は、建築事務所の事務仕事をわずか4日で退職。ハローワークで見つけた仕事だったが、求人票に書かれている内容と条件が違ったのだ。



「ハローワークの求人票には『分煙と社会保険完備』と書いてあったが、そのどちらも嘘だった」


また実際に入社してみて、社内の異様な空気にも気付いたという。



「社長の機嫌を社員が常に伺い、空気がピリピリしていた。タイムカードがなく、残業や休憩は適当。出勤簿や賃金台帳も存在しなかった」


この記事の画像

「建築事務所を4日で退職した女性「"分煙と社会保障完備"というハロワの求人票は嘘でした」」の画像1 「建築事務所を4日で退職した女性「"分煙と社会保障完備"というハロワの求人票は嘘でした」」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク