税金に怒る年収1400万円の男性「昇給しても税金上がるだけ。“高収入サラリーマンから取れるだけ取る”という考えが透けて見える」

税金に怒る年収1400万円の男性「昇給しても税金上がるだけ。“高収入サラリーマンから取れるだけ取る”という考えが透けて見える」
拡大する(全2枚)


稼いだお金がそのまま懐に入ればいいが、現実はそうはいかない。"納税は国民の義務"とされているからだ。苦労をして収入を上げても、その分納税額も高くなり、「思ったよりも残らなかった……」と残念に思った経験は誰しもあるのではないだろうか。


キャリコネニュースには、現行の税制に不満を持つ人の声が多く寄せられている。栃木県の40代男性(不動産・建設系/正社員/年収400万円台)は、



「税金の種類が多すぎる。食べたり買ったりするたびに課される消費税。車にかかる税金は特に高い!政治家の給料を半分削って、議員定数を削減すれば、国民は少し楽になるのでは?」


と皮肉る。ほかのキャリコネニュース読者の声も見てみよう。(文:大渕ともみ)


■「親族間でのお金の移動なのに、なぜ国は贈与税を取るのか」


兵庫県の20代後半女性(サービス系/正社員/年収300万円台)は、贈与税に対し疑問を持っており、「不思議で仕方がない。親族間でのお金の移動なのに、なぜ国が税金を取るのか意味が分からない」と憤る。また、



「頑張って働いて高い税金を払っているのに、国に無駄遣いされていると感じる。納税は仕方のないことかもしれないが、国民が本当に困っていることに対して何もできていない」


と訴えた。


神奈川県の50代後半男性(個人事業主/年収400万円台)は、妻の解雇を理由に、税金の支払いに難色を示す。「世帯年収が260万円ほど下がる。何の補填もないのに払えるわけないでしょ」と主張する男性。いざという時のための貯蓄には、税金の支払い分も含めておくべきかもしれない。


この記事の画像

「税金に怒る年収1400万円の男性「昇給しても税金上がるだけ。“高収入サラリーマンから取れるだけ取る”という考えが透けて見える」」の画像1 「税金に怒る年収1400万円の男性「昇給しても税金上がるだけ。“高収入サラリーマンから取れるだけ取る”という考えが透けて見える」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク