「親は年収1000万円を超えていた。比較して悔しくなる」世帯年収600〜800万円のリアル

「親は年収1000万円を超えていた。比較して悔しくなる」世帯年収600〜800万円のリアル
拡大する(全2枚)


所得が増えれば、それだけ自由にできるお金も増える。そう考える方も多くいるのではないだろうか。所得が増えることで家族や自身に使えるお金が増えたり、子どもの教育にまわすお金が増えたりするのは事実だろう。


日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省調べ)となっているが、その平均よりも上の世帯年収600~800万円の家庭はどのような生活をしているのだろうか。フリーランスの60代女性(大阪府/世帯年収600万円)は、



「出費が多く、子どもが独立しても貯金できません。収入も年々減少している状況です」


と告白する。今回は世帯年収600~800万円のリアルな声を紹介する。(文:中島雄太)


■「私立に通う2人の子どもの学費で、生活はカツカツ」


都内の40代女性(マーケティング職/世帯年収600~800万円)は「夫婦共働きで、子どもはいません。犬が2匹います。派手な浪費はしていないものの、あまり生活に余裕はありません。老後を考えると貯蓄をしなくてはならないし、先行きが不安です」と心境を語る。女性は、



「お互いの親は年収1000万円を超えていました。ときどき『自分たちが子どもの頃は、もっと外食や旅行に行っていたのに』と思います」


と悔しさをにじませた。


高知県の40代女性(事務職/世帯年収600~800万円)は「普通に生活できます」としながらも、私立大学と私立高校に通う子どもがいるため「学費でカツカツです」と嘆いた。


この記事の画像

「「親は年収1000万円を超えていた。比較して悔しくなる」世帯年収600〜800万円のリアル」の画像1 「「親は年収1000万円を超えていた。比較して悔しくなる」世帯年収600〜800万円のリアル」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「厚生労働省」に関する記事

「厚生労働省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「厚生労働省」の記事

次に読みたい「厚生労働省」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク