クラファン支援額が1億円超の「吸水型生理ショーツ」 実際に記者が使用してみた
拡大する(全7枚)


生理になったらナプキンやサニタリーショーツを使う――現在では多くの女性が当たり前のこととして受け止めているが、改めて考えると"よりストレスのない対処法"を求めるなんて思うに至らず、初潮時から変わらないケアを続ける人が大半なのかもしれない。


量が多くても穿き替えなしで1日中過ごせる吸収型サニタリーショーツ「ベア シグネチャー ショーツ」が昨年6月に登場した。「その日であることを忘れるくらいの快適さ」を目指して開発されたフェムテック商品だ。


クラウドファンディングで同商品のプロジェクトを公開すると、45日で1億239万円の支援金を集め、注目を集めた。発売から約10か月。どのような使用感なのか実際に試してみるとともに、販売・開発元のベアジャパンに話を聞いた。


■驚いたのは"ベタつき"と"生臭さ"の無さ


個人差はあるが、女性はおよそ月に1回、3~5日間出血する。最も経血量が多いといわれる生理2日目の平均経血は30~50ml。思ったより少なく感じるかもしれないが、ナプキンを交換しないとショットグラス1杯以上が下着にかかった状態と考えると不快だというのは理解に易いだろう。


ロリエ公式サイトによると、ナプキンの交換頻度は「1日5~6回」。それでも中々取り替えられないなどで経血漏れを経験した人もいる。そうでなくとも漏れてしまった時の対策として、生理期間はせめても白や淡い色合いの洋服は避けるなど気を回す人は多いだろう。


この記事の画像

「クラファン支援額が1億円超の「吸水型生理ショーツ」 実際に記者が使用してみた」の画像1 「クラファン支援額が1億円超の「吸水型生理ショーツ」 実際に記者が使用してみた」の画像2 「クラファン支援額が1億円超の「吸水型生理ショーツ」 実際に記者が使用してみた」の画像3 「クラファン支援額が1億円超の「吸水型生理ショーツ」 実際に記者が使用してみた」の画像4
「クラファン支援額が1億円超の「吸水型生理ショーツ」 実際に記者が使用してみた」の画像5 「クラファン支援額が1億円超の「吸水型生理ショーツ」 実際に記者が使用してみた」の画像6 「クラファン支援額が1億円超の「吸水型生理ショーツ」 実際に記者が使用してみた」の画像7