チャイナタウン化の進む「西川口」は"観光地"になり得るか 「現在は中国人が作って中国人が食べる場所」と識者

チャイナタウン化の進む「西川口」は"観光地"になり得るか 「現在は中国人が作って中国人が食べる場所」と識者
拡大する(全2枚)


近年、チャイナタウン化が進んでいる「西川口」。京浜東北線赤羽駅から2駅先、川口駅と蕨駅の間にある埼玉県川口市に位置する駅だ。一歩足を踏み入れると中国語の看板が目立ち、埼玉にいながら異国情緒を感じることができる。


ネット上でしばしば"現地の味を楽しみたいなら西川口へ"と話題になるが、実際どんな街なのか。西川口駅東口側は、川口オートレース場への無料送迎バス乗り場があるものの、東武ストアなどもあり静かな住宅地となっている。一方、西口側は風俗店が軒を連ねている。


鉄道事情にも詳しい恋愛コンサルタントの鈴木リュウさんは「西川口は元々、風俗街として有名でしたが、200店舗あった違法風俗店は一斉摘発で営業停止に。その影響で2006年ごろから街並みが大きく変化しました」と話す。


■最近は日本人を集客しようとするお店も


現在も風俗店はあるものの、違法風俗店は軒並み閉店。一時はゴーストタウン化した。



「今まで西川口はボートレースで勝った人が飲んで、そのまま風俗に流れるという『飲む打つ買う』ができる街でした。しかし風俗店閉店で、飲むこともなくなって飲食店も激減。数年は空き家が目立ち増したが、そういった状況の中で増えたのが中国人住人です」


西川口の家賃相場はワンルームで5万7000円。赤羽が7万8800円、池袋が8万7300円と考えると破格だ。元々風俗街のある地域は住む場所としては人気がない。しかし、繁華街で家賃が安い街というのは外国人にとっては住みやすい。


この記事の画像

「チャイナタウン化の進む「西川口」は"観光地"になり得るか 「現在は中国人が作って中国人が食べる場所」と識者」の画像1 「チャイナタウン化の進む「西川口」は"観光地"になり得るか 「現在は中国人が作って中国人が食べる場所」と識者」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク