社員同士が評価し合ってボーナス決定 「やる気」引き出すのか、「仲良し」だけのひいきになるのか

社員同士が評価し合ってボーナス決定 「やる気」引き出すのか、「仲良し」だけのひいきになるのか

ボーナスの額は、上司が部下の業績を評価して決定するというのが一般的。しかしそれとは異なり、「社員同士でボーナスを決める」という珍しい制度を導入している会社がある。取り上げたのは、2月2日の「ニュース シブ5時」(NHK)だ。


この斬新な制度を実施しているのは、東京・新宿区にある社員77人のIT関連企業。ボーナスは年に一度、2月下旬に支給される。社員同士が互いに評価し合い、ボーナスを決めるというこの会社。査定時期になると、社員約50人(新人などを除いた数)のリストを全員に渡し、自分以外の他の社員のボーナス額を自由に増減し、合計金額の範囲内で評価させるのだという。(文:みゆくらけん)


■「上司が決めるよりフェアな決め方」はないものか



たとえば5人の場合、ボーナス1人100万円を基準に「この人は60万円、この人は130万円」と合計500万円になるように振り分けるというやり方だ。ひとりひとりのボーナス額は、こうした社員同士の評価をもとに決定される。


昔から「年功序列や上司だけによる評価システムに疑問を感じていた」という屋代浩子社長は「社長や上司が決めるよりもっとフェアな、納得感のあるボーナスの決め方がないのだろうかとこのしくみを考えた。本当に良い開発や良いものを生み出す土壌になると思う」と、6年前からこの制度を導入したという。


何よりも、若い人らの「やる気」を引き出すというこのシステム。面白いところは、評価のポイントが業績だけではないというところだ。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2016年2月3日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら