「自分はどうせダメな人間だ……」 "自己肯定感が低い"学生が、就活で不利にならない方法とは?

「自分はどうせダメな人間だ……」 "自己肯定感が低い"学生が、就活で不利にならない方法とは?
拡大する(全3枚)


キャリアコンサルタントとして就活支援をしていると、「この人は自己肯定感が低いが故に、就活において損をしている」というケースを度々見かけます。今回は事例と共に対策についてお伝え致します。(文:キャリアコンサルタント 渡邉元士)


損をするのはどんなとき?


まず、多くの企業で導入されている性格検査で損をする可能性があります。性格検査は、「この状況なら、どう対応するか?」「このような画面でどう思うか?」といった質問に対して、いくつかの回答の中から自分の考えに近しいものを選ぶスタイルがほとんどです。


その結果はあくまでも「自己認知」をベースにしたものです。では、自己肯定感が低く、「自分はダメな人間だ」と過剰に思い込んでいる学生が性格検査を受けたらどうなるでしょうか。


極端な例を挙げると、本当は人並みの忍耐力があるにも関わらず、「難しい課題を与えられたときに忍耐強く取り組めるか」といった質問に「取り組めない」などと回答してしまうことがあるのです。これは企業からすればマイナス評価になります。


実際、エージェントとして支援していた学生の中には、自己肯定感が低いが故に、性格検査の結果において、複数の項目で「大いに懸念あり」と判断されてしまった方がいました。


しかし、最終面接前に人事担当者に



「自己肯定感が低いためにそういった結果になってしまっている。面接の際には、自己肯定感が低いことを踏まえた上で、質問・判断をして欲しい」


この記事の画像

「「自分はどうせダメな人間だ……」 "自己肯定感が低い"学生が、就活で不利にならない方法とは?」の画像1 「「自分はどうせダメな人間だ……」 "自己肯定感が低い"学生が、就活で不利にならない方法とは?」の画像2 「「自分はどうせダメな人間だ……」 "自己肯定感が低い"学生が、就活で不利にならない方法とは?」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク