松屋「値上げ」に嘆きの声 なぜ我々は1杯の牛丼に、ここまで感情を揺り動かされるのか

松屋「値上げ」に嘆きの声 なぜ我々は1杯の牛丼に、ここまで感情を揺り動かされるのか
拡大する(全2枚)


9月28日、牛めし・カレー・定食・その他丼の大手チェーン「松屋」で「プレミアム牛めし」が終売となり、全国で価格の変更が行われた。実質的な値上げになる今回の価格変更を嘆く声が多い。これまで、幾たびも価格改定のたびに世間を賑わせる牛丼。なぜ、われわれは、牛丼一杯に一喜一憂してしまうのか?(取材・文=昼間たかし)


■牛丼以上にショックな「黒胡麻焙煎七味」の終了


今回の価格とメニューの変更で牛めしの値段は次のように変更された。


牛めしミニ:280円→330円
牛めし並:320円→380円(沖縄県を除く)
牛めし大盛り:430円→530円
プレミアム牛めし並:380円→廃止


今回の値上げは輸入牛肉価格が高騰していることを受けてのものだが、特にこれまでワンコインでお釣りが来ていた大盛りでは値上げ感が身に染みる。


さらに、多くの利用者がショックを受けているのはプレミアム牛めしの廃止によって、黒胡麻焙煎七味が終了したことだ。これは、プレミアム牛めしの登場と共に始まった専用の七味。通常の七味に比べて山椒の匂いが食欲をそそる逸品であった。その人気たるや当初は木製の入れ物で提供されていたが、これでもかと振りかける客が多かったのか、小分けにパウチされたものに変更されたほどである。


実際、プレミアム牛めしの消滅後に新たに登場した牛めしを食べてみて、味が落ちたという感覚はなかったのだが、すっかり慣れてしまった黒胡麻焙煎七味が消滅したことだけは我慢できない。「プレミアム」という文字が消えたことの喪失感も大きい。


この記事の画像

「松屋「値上げ」に嘆きの声 なぜ我々は1杯の牛丼に、ここまで感情を揺り動かされるのか」の画像1 「松屋「値上げ」に嘆きの声 なぜ我々は1杯の牛丼に、ここまで感情を揺り動かされるのか」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク