マンガ家感涙! J-TONE復活の舞台裏 「破綻したブランドを買い取りたい」担当者の提案はなぜ通ったのか
拡大する(全4枚)


「スクリーントーン(トーン)」をご存知だろうか。ドットや線、花、星などさまざまな模様がフィルム状になっていて、原稿用紙に貼り付けて使う。マンガ家にとって必須の画材……だった。


しかし、マンガ制作はデジタル化が進み、トーンのニーズも低下。人気ブランド「J-TONE」を販売していた会社は2019年に破産し、マンガ家たちは大いに悲しんだ。


と思いきや、J-TONEは半年後に「奇跡の復活」を遂げた。マンガ用品を扱うライバル会社「G-Too」がブランドを買い取って一部品番を復刻したのだ。


ニーズはあるものの年々先細っている「トーン」事業を、どういう経緯で買い取って続けることになったのか。そして勝算はあるのか? 「復刻」を提案した、商品企画担当者に聞いた。(取材・文:箕輪 健伸)


即断即決、関係なかった。


「『J-TONE』が販売終了になってしまうと知り、即座に上司に買い取れませんか?と相談しました。『J-TONE』は固定ファンが多いため、販売終了になってしまうと多くのユーザーが困ってしまうと思ったからです」


こう語るのは、「復活」を提案した、G-Tooの商品開発担当、清水あすかさんだ。


提案にはさぞかし苦労したのかと思ったら、「このままだとユーザーが困ってしまうと上司に言ったら、すんなりと『そうだね、それじゃ買おう』となりました」(清水さん)。「どれくらい売れるのか?」など、細かなことは一切聞かれなかったという。


この記事の画像

「マンガ家感涙! J-TONE復活の舞台裏 「破綻したブランドを買い取りたい」担当者の提案はなぜ通ったのか」の画像1 「マンガ家感涙! J-TONE復活の舞台裏 「破綻したブランドを買い取りたい」担当者の提案はなぜ通ったのか」の画像2 「マンガ家感涙! J-TONE復活の舞台裏 「破綻したブランドを買い取りたい」担当者の提案はなぜ通ったのか」の画像3 「マンガ家感涙! J-TONE復活の舞台裏 「破綻したブランドを買い取りたい」担当者の提案はなぜ通ったのか」の画像4