未経験からエンジニア、何時間勉強すればなれる? プログラミングスクールに聞いてみた

未経験からエンジニア、何時間勉強すればなれる? プログラミングスクールに聞いてみた
拡大する(全3枚)


世の中のデジタル化が加速する中、社会のあちこちで「プログラマーが足りない」という悲鳴が聞こえてくる。そんな中、未経験からでもプログラマー業界へ飛び込もうと意気込む人が増えている。


一体、どれぐらいの時間を勉強に費やせば、仕事がもらえるレベルになれるのか。プログラミングスクール「RUNTEQ(ランテック)」を運営するスタートアップテクノロジー代表の菊本久寿さんに話を聞いた。(取材・文:キャリコネニュース編集部)


1年でも、なんとかなる?


「エンジニアとしてしっかりキャリアを築ける会社に就職するためには、腰を据えて1000時間プログラミングと向き合うことが重要になってきます」


菊本さんは、ズバリこう答える。


ちょっとピンとこないが、例えば小学校高学年の総授業時間数が1年あたり約1000時間だ。365日休まず勉強しても1年で辿り着こうとすると、1日あたり2?3時間となる。これって、けっこう大変じゃないか!?


ただ、いわゆる難関国家資格と言われている税理士や公認会計士は勉強時間の目安が約3000時間、弁護士だと6000時間というから、それと比べればマシと言える。一方で基本情報技術者試験には200時間必要と言われているので、それよりは、かなり時間をかける必要性がありそうだ。


さて、仮にスクールでプログラミングを1000時間勉強すれば、具体的にどんなことができるようになるのか?


プログラマーにも色々あるが、RUNTEQはWebアプリケーション開発で使う言語「Ruby」と開発フレームワーク「Ruby on Rails(Rails)」を学ぶためのスクールだ。授業の実習では掲示板などのウェブサイトを作っているという。


この記事の画像

「未経験からエンジニア、何時間勉強すればなれる? プログラミングスクールに聞いてみた」の画像1 「未経験からエンジニア、何時間勉強すればなれる? プログラミングスクールに聞いてみた」の画像2 「未経験からエンジニア、何時間勉強すればなれる? プログラミングスクールに聞いてみた」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク