ゲーム条例の香川で「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」と広告 メッセージに込めた思い
拡大する(全4枚)


「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」。こんなふうに呼びかける広告が12月20日の香川県の四国新聞に掲載され、ネット上で大反響を呼んだ。


香川県は「18歳未満はゲームの利用時間を1日60分、休日は90分まで」とする、日本初の「ネット・ゲーム規制条例」で物議を醸した県。条例は憲法違反ではないかとして裁判も起きている。


そんな中で、この広告。しかも載せた先が「県内シェア6割」の四国新聞ということで、大きな波紋が起きたのである。


この挑発的なメッセージに込めた思いとは? 広告を出した株式会社ゲムトレの代表・小幡和輝さんに直接、話を聞いた。(取材・文:箕輪 健伸)


■条例には、怒りよりも「寂しさ」を感じた


ゲーム条例の香川で「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」と広告 メッセージに込めた思い



「この広告企画は、まず四国新聞への掲載ありきで進めたものです。"勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい"という強烈なメッセージは、ゲーム規制条例が全国で唯一施行されている香川県民に見てもらわなければ意味がないと考えたんですね。実際に、東京メトロ・新宿駅にも広告を出していますが、反応は圧倒的に四国新聞に掲載したものの方が大きいです」


小幡さんは、こう語り始めた。



「多くの方がこの条例はおかしいと思っていたのでしょうね。この広告は、そうした方々の気持ちの受け皿になった側面が大きいと思います」


香川県のゲーム規制条例について、さぞや強い怒りがあるのかと思いきや、そうではないと小幡さんは語る。



「怒りというよりは寂しさの方が強かったですね。まだゲームをこれだけ目の敵にする人がいて、こんな条例案が通ってしまうのかといった寂しさや虚しさを感じました」


この記事の画像

「ゲーム条例の香川で「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」と広告 メッセージに込めた思い」の画像1 「ゲーム条例の香川で「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」と広告 メッセージに込めた思い」の画像2 「ゲーム条例の香川で「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」と広告 メッセージに込めた思い」の画像3 「ゲーム条例の香川で「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」と広告 メッセージに込めた思い」の画像4