「バレンタインチョコ」は戦前にもあった! すっかり根付いた文化の起源は……
拡大する(全2枚)


先日、バレンタインがあったが、そもそもバレンタインにチョコを送るのは、日本のチョコレート会社の「陰謀」である!! いやそれは大げさだが、バレンタインチョコが生まれたきっかけの一つが、国内メーカーの販促だったという点に疑いはない。


■「あれは俺が始めた(アレオレ)」


世の中、だいたいメジャーになった事物や流行には「あれを仕掛けたのは俺だ(アレオレ)」と、まことしやかに語る人たちが登場する。


「バレンタインデーのチョコは俺が始めた」と主張する人物で、もっとも知られるのは、現在も大田区にあるメリーチョコレートカムパニーの社長だった原邦生である。原が『家族的経営の教え』(アートデイズ 2006年)や、様々な取材で主張するのは、1958年にまだ会社を継ぐ前の大学生だった原が伊勢丹新宿店で「バレンタインセール」という看板を掲げて1枚50円の板チョコを販売したのが、バレンタインデーのチョコレートのはじまりというものだ。


原は、これを思いついたのはパリの知人からもらった寒中見舞いに「当地ではバレンタインにチョコレートや花、カードなどを贈りあう習慣がある」と書かれていたことがきっかけだったとも語っている。


ただ、バレンタインとチョコレートを結びつけた広告は、戦前からすでにあったようだ。モロゾフによると同社は1935年2月に英字新聞『The Japan Advertiser』に、バレンタインデーとチョコを結びつけた広告を出稿していた。バレンタインデーにチョコを贈ろうという趣旨の宣伝文句が、1932年のカタログにも掲載されているという。


この記事の画像

「「バレンタインチョコ」は戦前にもあった! すっかり根付いた文化の起源は……」の画像1 「「バレンタインチョコ」は戦前にもあった! すっかり根付いた文化の起源は……」の画像2