都内ロシア食品店の看板が破壊される。店主はウクライナ出身「悲しい出来事」「お店と政治につながりはありません」
拡大する(全5枚)


東京・銀座の昭和通りにあるロシア食品専門店「赤の広場」の看板が何者かによって破壊されていたことがわかった。同店のツイートによると、道に設置する看板の上部がバッキリと割られている。事件は2月28日の夕方のことで、店では「ロシアの食品を扱っているという理由からでしょうか。店名のせいでしょうか…」と綴っている。(取材・文:昼間たかし)


この店は2014年からロシア食品のネット通販をしていたビクトリアショップが2021年2月にオープンしたリアル店舗。ロシアやウクライナを始めとした国々の食品、チョコレートやロシアンティー、肉製品やピロシキ。さらにはマトリョーシカやプーチングッズも買えるとSNSでも話題になっていた。


■店のツイートは、こんな風に続けられている。


都内ロシア食品店の看板が破壊される。店主はウクライナ出身「悲しい出来事」「お店と政治につながりはありません」



実は当店代表はウクライナ人、スタッフもウクライナ人、ウズベク人、日本人です。そのうちの5人はシングルマザーとして家族の生活を支えるために働いています。
私たちがどんな国の出身者でも、お店と政治につながりはありません。私たちは日本とウクライナ、ロシア、その他の国々との懸け橋になりたいという気持ちで働いています。
早く両国に平和が訪れて、お互いの国が仲良くなることを心から望んでいます。そして祖国の人々に笑顔が戻ることを願っています。


過去の報道によると、同店の店主のミヤベ・ヴィクトリアさんはウクライナ東部のドネツク出身。日本人と結婚して来日した後にドネツクの工場で製造するチョコレートの輸入から、このビジネスを始め東日本大震災の際にはトラック三台分のチョコを被災地に寄付したこともあるという(『東京新聞』2020年6月28日付朝刊)。


この記事の画像

「都内ロシア食品店の看板が破壊される。店主はウクライナ出身「悲しい出来事」「お店と政治につながりはありません」」の画像1 「都内ロシア食品店の看板が破壊される。店主はウクライナ出身「悲しい出来事」「お店と政治につながりはありません」」の画像2 「都内ロシア食品店の看板が破壊される。店主はウクライナ出身「悲しい出来事」「お店と政治につながりはありません」」の画像3 「都内ロシア食品店の看板が破壊される。店主はウクライナ出身「悲しい出来事」「お店と政治につながりはありません」」の画像4
「都内ロシア食品店の看板が破壊される。店主はウクライナ出身「悲しい出来事」「お店と政治につながりはありません」」の画像5