「なんでこんなん作ったの?」安藤忠雄設計の本棚に、子どもたちが大困惑
拡大する(全2枚)



「なんでこんなん作ったの?」「(本を)どうやって取るの?」


これは3月25日にオープンした「こども本の森 神戸」にある本棚を見た、子どもたちの感想だ。この子どもたちの素直な言葉をNHKニュースが報じると、ネットでは大きな反響が起こった。(取材・文:昼間たかし)


子どもたちが話題にしていたのは、この施設の目玉、高さ約9メートルにも及ぶ壁一面の「本棚」について。「こども本の森 神戸」の公式サイトによると、本棚の5段目より上は展示本で免震対策がされているという。ようは単なる装飾だということなのだが、それだと子どもたちが「なんのために作ったの」と疑問に思うのは当然だろう。


SNSでは見栄え重視の図書館に批判的な声が根強い。今回も安藤忠雄の施設設計に、辛辣な指摘が相次いで出ていた。



「結局芸術的建築家って、独りよがり」
「子どもに指摘される「図書館」とは一体何なのか」
「安藤忠雄に発注する方がおかしいんだよね」


ただ、今回の建物は、安藤忠雄氏の寄付。つまり建物は安藤忠雄が勝手に作って、それを市が無償でゲットしたという形だ。


これに対し、元日本図書館協会図書館の自由委員会委員長の西河内靖泰さんは、そもそも寄贈をはねつけるべきだったという意見だ。建築費はゼロでも、今後の施設運営コストは行政の負担となる。「今回の建物は寄付ですが、市は後々のメンテナンス費用も考えずに受け取るべきではありませんでした」と、西河内さんは語る。


この記事の画像

「「なんでこんなん作ったの?」安藤忠雄設計の本棚に、子どもたちが大困惑」の画像1 「「なんでこんなん作ったの?」安藤忠雄設計の本棚に、子どもたちが大困惑」の画像2