中国で大ブレイク!日本に凱旋した元ボクサー俳優・木幡竜が45歳で掴んだ映画初主演のチャンス
拡大する(全3枚)


ディーン・フジオカ、大谷亮平……。海外で見出された後、日本でも活躍する"逆輸入俳優"が目立つ昨今。「元ボクサー → 中国でブレイク」という異色の経歴を持つ俳優が、日本映画『生きててよかった』(5月13日公開)で初主演のチャンスを掴んだ。木幡竜、45歳。香港アクションスターのドニー・イェンからも認められた男だ。


世界チャンピオンも輩出している横浜高校ボクシング部を経て、ボクシングWBA・IBF統一バンタム級王者の井上尚弥も名を連ねる大橋ボクシングジムに所属。負けなしのその強さから、チャンピオンベルトも期待された。しかし映画好きが高じて、24歳の若さで突如引退。ゼロから俳優活動を始めた。(取材・文:石井 隼人)


■初舞台でも「まるでリングの上に立っているような感覚」


木幡は引退当時の心境をこう振り返る。



「大橋秀行会長には猛反対されました。世界チャンピオンになってからでも遅くはないのではないかと。もちろん僕自身怖かったです。ボクシングの世界にいれば、それなりの知名度もあって認められていましたから。でも自分としてはそのキャリアを投げうってでも俳優としてゼロのところから始めたかった」


14歳からボクシング一筋。演技経験などもちろんない。それでも根拠なき自信と手応えがあった。



「初めて俳優として立った下北沢の舞台も、まるでリングの上に立っているような感覚がありました。それまで拳だったものがセリフに変わったくらいの違いというか。自分の感覚的には、ボクサーから俳優への転向はスムーズ。表現という意味では同じだと感じました。ただ現実はそんなに甘くはない。日本ではなかなか芽が出ず、どこの国のどんな映画でもいいからまずはチャンスを掴むことだと思いました」


この記事の画像

「中国で大ブレイク!日本に凱旋した元ボクサー俳優・木幡竜が45歳で掴んだ映画初主演のチャンス」の画像1 「中国で大ブレイク!日本に凱旋した元ボクサー俳優・木幡竜が45歳で掴んだ映画初主演のチャンス」の画像2 「中国で大ブレイク!日本に凱旋した元ボクサー俳優・木幡竜が45歳で掴んだ映画初主演のチャンス」の画像3