社員数が増えると、企業のマネジメントはどう変わる? 「組織の成長の5段階説」で考える

この弊害が大きくなりすぎると

、第5段階(最終段階)

である

「文化でマネジメントする」

ステージに移行するニーズが高まります。これは「自由化と統制化の統合」されたようなマネジメントスタイルです。

行動や結果などの明示的なもので厳密に統制するのではなく、文化(価値観や考え方・思想・理念)などで社員の意識を「ゆるく統制する」ことで、孔子の「心の欲する所に従えども矩を踰えず」ではありませんが、全体としては緩やかに統制されていながら、個々人の自由な創造性を発揮できるような環境にするようなものです。


■最終段階でも社員によって「合う合わない」がある


「文化によるマネジメント」は、このように一見すると理想的ではあるのですが、社員の成熟度や自律性、高度な知識・スキル、経験などが求められる、実現するには難しいマネジメントスタイルです。いくら理想的だからといって一足飛びにこの段階に達するのは容易ではなく、無理にやっても空中分解してしまうと思います。


また、この段階に達した職場の雰囲気は、コリンズとポラスの共著「ビジョナリー・カンパニー」(日経BP出版センター)の中で「カルトのような文化」と評されたように、やや宗教がかった「価値観の統制」が行われることが多いものです。


このため、人によってはこの理想的なマネジメントスタイルも「気持ち悪い職場だ」と感じることもあるので、合う合わないはあります。結局、いずれにマネジメントスタイルも誰にとっても完璧なものはないのです。


以上、今回は社員数とマネジメントスタイルの5段階、および各段階での従業員の働き方の関係について簡単に説明しました。自分にとって働きやすい職場を探す際の参考になれば幸いです。


あわせてよみたい:組織の問題はメンバー間の「誤解」が引き起こす

 

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2016年2月12日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。