大丈夫か、2代目社長! カリスマなき後の「ジャパネットたかた」にネットは賛否両論

大丈夫か、2代目社長! カリスマなき後の「ジャパネットたかた」にネットは賛否両論
拡大する(全2枚)


テレビ通販の巨頭「ジャパネットたかた」のカン高い声でおなじみの初代社長・高田明氏が今年1月、テレビ通販番組から姿を消した。1年前に社長職を退いた後も番組には出演していたが、これで完全に引退したことになる。


2月16日放送のテレビ東京「ガイアの夜明け」は、ジャパネットたかたのトップ交代に密着していた。新しい社長の姿を見た視聴者の捉え方は様々で、賛否両論の感想が出ているところが興味深い。(ライター:okei)


■父の存在感に飲まれつつ、新しい戦略を模索中


カリスマ社長の後を継いだのは、長男の旭人(あきと)氏(36歳)だ。東京大学を卒業後、証券会社を経て2003年入社。小柄な明さんとは似ず堂々とした体躯ではあるが、ちょっとタレ目で真面目そうな印象。「地味」を自認し、通販番組に出ることはない。


ジャパネットたかたの原点は、1986年に長崎・佐世保で開業した小さなカメラ店だ。ラジオの通販コーナーに出演したのをきっかけにテレビ通販事業にも参入すると、独特の語り口がウケて業績を伸ばした。いまや2000人以上の従業員を抱える大企業だ。旭人氏は、父の後を任されたプレッシャーをこう語る。


「父の場合は『やるぞ』と言ったら『みんなついて来い!』とやれる人。そこまでの求心力がある人は世の中にいないので、やり方を変えないと会社としては難しい」


完全に父の存在感に飲まれている様子だ。社員からも「明社長の魅力がジャパネットの魅力。ジャパネットらしくいけるかどうかが一番大きな不安」「今後の売上の動きがどうなるのか」など将来を危惧する声もある。


この記事の画像

「大丈夫か、2代目社長! カリスマなき後の「ジャパネットたかた」にネットは賛否両論」の画像1 「大丈夫か、2代目社長! カリスマなき後の「ジャパネットたかた」にネットは賛否両論」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク