「非正規雇用」の時給が過去最高を更新 「もはや正社員にこだわる意味がない」との声も

「非正規雇用」の時給が過去最高を更新 「もはや正社員にこだわる意味がない」との声も

リクルートジョブズが三大都市圏で調査を行ったところ、アルバイトやパートの募集時の時給が平均967円となり、2006年以降で最高額を更新した。特にコールセンターなど「事務系」スタッフは、昨年比26円アップの986円と高い水準を記録している。


派遣社員の時給(募集時=派遣社員への支払額)も平均で1596円と昨年比46円アップで、こちらも2007年2月以降の最高額を更新。非正規雇用の好調ぶりに、ネットでは「もはや正社員にこだわる意味がなくなってきたかも」という声まで聞かれる。


■1日3時間のサビ残が続くとパート・アルバイトの平均以下に



特に「サービス残業」が横行するような会社に勤める若手サラリーマンからは、「おれバイトに抜かれてるかも」という嘆きが聞かれる。


例えば上場企業の平均初任給と言われる20万7450円を月160時間で割ると、時給は1296.5円に。この段階で、正社員の賃金は派遣社員の賃金を下回ることが分かる。


ちなみに派遣社員の平均時給1596円に160時間をかけると、月の給与は25万5360円に。単純計算で306万4320円の年収を稼がないと、派遣社員と並ばない。


さらにサビ残の時間が1日3時間にのぼると時給は943円となり、コールセンターのパートタイマーはもちろんのこと飲食や小売りなどを含むパート・アルバイト全体の平均賃金をさらに下回ってしまう。


もちろん派遣社員の場合、固定の月給ではないので祝日などが入ると収入が減少するおそれもある。「将来の昇給」や「雇用の安定性」「福利厚生の充実」などを理由に、一時的な賃金では測れない価値があると主張する人もいるだろう。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2015年7月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら