「所沢市の育休退園、法の趣旨に反しない」 母親たちの訴え、さいたま地裁が却下

「所沢市の育休退園、法の趣旨に反しない」 母親たちの訴え、さいたま地裁が却下
拡大する(全2枚)


第2子以降を出産して育児休業を取得した母親に対し、保育園に預けている0~2歳児の上の子どもの退園を求めるルールを導入した埼玉県所沢市。これに反発する母親たちは今年6月、「市の運用は違法」として退園の差し止めを求める仮処分を申し立てていた。


報道によると、さいたま地裁はこの申し立てを却下する決定を7月28日までに下したようだ。保育の継続が必要と認めた親には、市が在園継続させる方針を示していることをあげ、「これを適正に適用すれば法の趣旨に反する事態は生じない」と結論付けたという。


■「こうやって少子化がすすんでいくんだね」という声も


決定に対するネットの反応は、賛否が拮抗しているようだ。決定を不満とする人からは、「少子化を促すだけなんじゃないか」という声があがる。


「ふーん、こうやって少子化がすすんでいくんだね。せっかく2人目3人目を生む意識のある人がいるのに、もったいない」


国が少子化対策を打つ一方で、市レベルでそれに逆行する運用をしていると感じた人もいたようだ。ルールどおり一時退園しても、育児休業終了後に確実に復園できるのか不安を抱く人もいた。


一方で、保育園に子どもを預けられず仕事探しもままならない母親がいることを踏まえて、「優先順位を考えれば当然の判断だと思う」と決定を支持する人も少なくなかった。


「良かった。これで待機児童は入園できて、その親が働くことが出来る」
「待機児童の問題が現にある以上、保育に欠けていない児童は優先されないというのは妥当なんじゃないかな」


この記事の画像

「「所沢市の育休退園、法の趣旨に反しない」 母親たちの訴え、さいたま地裁が却下」の画像1 「「所沢市の育休退園、法の趣旨に反しない」 母親たちの訴え、さいたま地裁が却下」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク