Amazon「お坊さん便」が依然として物議 利用者にとって一番大事なことは何なのか

Amazon「お坊さん便」が依然として物議 利用者にとって一番大事なことは何なのか


Amazonが昨年12月から僧侶手配サービス「お坊さん便」という、かつてない新サービスを開始している。


普段からお寺と関与がない、あるいはどのお寺の檀家でもないという人にも、分け隔てなく僧侶を派遣するというのがこのサービスの趣旨だ。費用は3万5000円からと、大分お手頃になっている。


これまで、どのお寺でも葬儀、戒名、法要などでの「お布施」は定額で提示してこなかった。あくまでも見返りは「お気持ちで……」という形態をとっている。しかし、お布施の額は地域やお寺によっても差があり、それだけではお寺を存続させていくことができないところもある。(文:松本ミゾレ)


「お坊さん便」に登録している僧侶の中には、少しでも生活の足しになること、あるいは仏の道をこれまでよりももっと多くの人々に説教をしたいと考えている者が多いようだ。


■「お坊さん便」を目の敵にする僧侶は欲深い?


この「お坊さん便」に対して、全日本仏教会が待ったをかけている。僧侶による宗教活動は、本来商品というものではないため、その活動に金額を設けて商売をしてはならないというのだ。


昨年12月に発表された理事長談話の中でも、明確に「お坊さん便」へ疑問と失望の言葉が組み込まれている。さらに今月4日には、「お坊さん便」に対して販売中止の嘆願書を、Amazon本社ならびにAmazon日本法人に提出した旨も報告している。まさに仏教会は、「お坊さん便」を目の敵にしているという状況だ。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2016年3月24日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら