大阪のベンチャー・クローバーラボでは、広報部員が社内バーで「かえる汁」を作ってくれるらしい!?

大阪のベンチャー・クローバーラボでは、広報部員が社内バーで「かえる汁」を作ってくれるらしい!?

クローバーラボは、大阪市に本社を置くソーシャルゲームの開発と運営を行う会社。2009年7月に設立し、社員50人、平均年齢28歳という若い人材が集まり、App StoreやGoogle Playでゲームを配信している。


「社員がつくる、チームベンチャー」を企業理念に掲げ、50人の社員が仕切りのないワンフロアで、部署や職種の垣根を越えてアイデアを出し合っているという。会社の内情について広報の林奈奈さんにレポートしてもらった。


■代表作「ゆるドラシル」はゆるいキャラの本格ゲーム



当社は、スマホ向けオリジナルゲームアプリの企画・開発・運営を事業の柱としています。代表作は北欧神話が舞台の「ゆるドラシル」というゲーム。神話の神や英雄たちがゆるくポップに描かれている点が特徴で、この4月でリリース1周年を迎えました。


戦争と死の神オーディンは「おでん」と書かれたタンクトップを着て、虫取り網を持っています。主神なのに「はたらきたくない」が口癖。雷神トールは「とおる」と書いた海パンをはき、マッチョで天然なキャラになっています。


大阪のベンチャー・クローバーラボでは、広報部員が社内バーで「かえる汁」を作ってくれるらしい!?


キャラクターの会話にはツッコミやボケなど、大阪の会社ならではの漫才的なネタが満載。それでいて攻撃コマンドなどを選択して戦略的にゲームを進める必要があり、ゆるくない本格的RPGの作りになっていると自負しています。


ゲームのイラストやプログラミング、シナリオなどを社外に外注する会社が多い中、当社はすべての工程を自社で完結できるようにしています。「自分たちで良いと思ったものを細かいところまでスピーディに作りこめる」のがメリット。年齢や経験、職種にこだわらずアイデアを出しあってサービスの方針を決めています。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2015年8月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら