統合失調症でも、会社で働く道はある! 就労支援員に社会復帰への「3つのステップ」を聞く

統合失調症でも、会社で働く道はある! 就労支援員に社会復帰への「3つのステップ」を聞く
拡大する(全4枚)

Aさん(30歳・女性)には、35歳のBさんという婚約者がいる。Aさんは彼と毎日同じ時間に、同じカフェで待ち合わせをしている。しかし彼は一度も現れず、ある日、別の女性と婚約したことを耳にする。


「え、そんなはずないでしょ?」


Aさんは驚くが、実はBさんは彼女の存在をよく知らないし、ましてや婚約もしていない。待ち合わせの約束もしていないのだが、Aさんはおよそ100日もの間、毎日ひとりカフェに通い続けていた――。


■「自分が病気であるという意識」が得にくいのが特徴



これは、ある統合失調症患者Aさんのエピソードだ。統合失調症とは、何かの原因で情報や刺激に敏感になり過ぎ、脳内のネットワーク機能が失われる状態を指す。特徴的な症状は「幻覚」と「妄想」。Aさんは妄想によって、日常生活がうまく送れなくなっていた。


有病率は約1%、国内には100万人程度いると見られる。しかし厚労省の患者調査では約70万人にとどまっており、Aさんのように発症しているものの、受診していなかったり、病気を隠していたりする人もいるようだ。


統合失調症患者の就労支援を行う通所施設「リドアーズお茶の水」(東京都文京区)の支援員、鈴木房子さんによると、この病気が他と大きく異なるのは、「自分が病気であるという意識(病識)が得にくい」ことだという。


確かに自分が見えていたり聞こえていたりするものを、他人から「幻覚だ、妄想だ」と否定されても、ただちに信じることは難しい。ネットのQ&Aサイトにも、病院へ行くよう恋人が1年以上も説得しているのに、


この記事の画像

「統合失調症でも、会社で働く道はある! 就労支援員に社会復帰への「3つのステップ」を聞く」の画像1 「統合失調症でも、会社で働く道はある! 就労支援員に社会復帰への「3つのステップ」を聞く」の画像2 「統合失調症でも、会社で働く道はある! 就労支援員に社会復帰への「3つのステップ」を聞く」の画像3 「統合失調症でも、会社で働く道はある! 就労支援員に社会復帰への「3つのステップ」を聞く」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク