【ん?】「不幸でない国」で日本が3位に入る ネットは疑問視「年間何万人も自殺してる国のどこが幸せなんだ」

【ん?】「不幸でない国」で日本が3位に入る ネットは疑問視「年間何万人も自殺してる国のどこが幸せなんだ」

少子高齢化や労働人口の減少など、問題が山積みの日本だが、米ブルームバーグによれば、「不幸でない国」の3位に入るという。


8月7日の記事「World’s Least Miserable Live in Asia, Thanks to Disinflation」では、74か国のミザリー指数(インフレ率と失業率を足した指数)を元に「不幸でない国」を測定している。その結果、指数が1.1%で最も低かったのがタイで、以下、シンガポール(1.4%)、日本(2.7%)と続いた。


■「サービス残業や低賃金重労働が蔓延してる日本のどこが不幸じゃないんだか」



74か国中3位といえば、かなり好成績だ。このニュースをロシアの通信社スプートニクの日本語版が報じると、ネットでは「他人との比較やめれば現代の日本なんて超幸せに暮らせる国だからね」「日本の失業率の低さは本当に素晴らしい」という声があがった。


一方で、「日本が3位ってだけで信頼できない」と順位に疑問を呈す声も。「インフレ率と失業率だけみて幸不幸を決められてもなあ」という人もいた。確かに、ミザリー指数は低かったのかもしれないが、ブラック労働がはびこっているのでは、不幸せではないといえないのではないかというのだ。


「サービス残業や低賃金重労働が蔓延してる日本のどこが不幸じゃないんだか」
「日本って生まれた時から労働する為に自由もなくなる人生が待ってるじゃん」


たとえば、労働政策・研修機構の「データブック国際労働比較2016」によれば、日本で週49時間以上の長時間労働している人の割合は21.3%(2014年)で、先進国の中で最も高くなっている。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2016年8月10日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。