ファストフードの店員が「消滅の危機」にさらされる? 米国では「最低賃金引き上げ」と「若者世代の人間嫌い」の挟み撃ちに

ファストフードの店員が「消滅の危機」にさらされる? 米国では「最低賃金引き上げ」と「若者世代の人間嫌い」の挟み撃ちに

米国のファストフード従業員の賃金が、この1年で次々と上昇しています。全米の都市や州で「最低賃金引き上げ」が予定されているため、どうせ上げるならその前に積極的な賃上げをアピールし、有能な人材を確保しようという思惑です。


この傾向は働く人には朗報にも見えますが、その一方で「米国版ゆとり世代」と言われるミレニアム世代が、人間より機械による接客を望んでいるという調査もあります。賃上げで割高になった労働者は、一気に機械に置き換わるリスクが高まっているのかもしれません。(文:夢野響子)


■スタバCEOは「従業員の必要に応える」というが


7月20日付の米ビジネスインサイダーによると、米スターバックスは約15万人の従業員全員を対象に、10月3日付で5%以上の昇給を実施すると発表しました。CEOのハワード・シュルツ氏は、従業員にこんな手紙を送ったそうです。


「我々を取り巻く環境はますます不安定になっているが、私のコミットメントは違う。従業員の必要に応えるのが、スタバの本質だ」


世界最大のスーパーマーケットチェーンであるウォルマートのCEOダグ・マクミロン氏も、「従業員への投資が最優先事項なのは自明の理である」とアピール。それでも労働活動家たちは、10ドル(約1040円)の初任時給に満足せず、15ドル(約1560円)以上を要求しています。


これに対し米マクドナルドの元CEOエド・レンジ氏は、労働者の賃金が運営コストの3割以上を占める外食産業にとって賃上げは破壊的だと反対します。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。